halphoto☆diary

こうばしいあたたかさ

そのときわたしは本を読んでいた。

片付かない仕事を終えるため、いつもより1時間早い電車にのった。
せっかくできた、朝のこのひとときを今日は眠りに
費やさないことにしたのだ。

朝日が窓ガラスからたくさん差し込んで、ガタゴトきもちのいい振動が体に伝わり、
すっかり本の世界にのめりこんでいた。


すると、とつぜん、左のふとももに温かみをかんじた。
それと同時に香ばしいにおいがした。


私はその匂いですべてを悟った。


・・・麦茶が漏れているのだと。


まったりムードは消失し、バック、お弁当袋の入った手提げをすべてをチェックし、状況把握に徹した。
手提げに入っていたタンブラーから麦茶がもれていた。
中に入っていたタオルが麦茶で飽和状態だった。飽和状態のタオルがたえられず、
麦茶がもれてしまったのだ。

バックを見てみると、水滴が横に流れていた。

嫌な予感がよぎった。

右となりに座っていた人が体をびくつかせた。彼のベージュのパンツに5cmのシミができていた。
謝るしかなかった。

次に左となりに座っていた人を見てみた。眠っていた。
彼は黒いコートを着ていたので、濡れているかどうか判別できなかった。
私の足に接しているコートに触れてみた。

濡れていた・・・ような気がした。

もう一度触れてみた。

やっぱり濡れていた。

彼の肩をたたいて起こして謝罪し、状況を説明した。彼も許してくれた。

こんなことをしてしまったのに

平日の朝なのに

2人とも許してくれた。

すみません。ありがとう。


[PR]
# by harunam28 | 2011-03-31 00:08 | ぼやき

ざっくりチャーハン

e0119012_2334382.jpg


夕飯を終え、寝るまでの間のまったりタイム。



父はおふろ、わたしは格ゲー(ストリートファイター)、
妹はごろごろ、母は冷蔵庫の中を物色中。


そんなとき母が言った。



「明日のお弁当は、ざっくりチャーハンでどう?」




一瞬、耳を疑った。



こちらに向けられた冷凍食品の袋に書いてあったのは


「ガーリックチャーハン」


だった。


母は、文字をだいたいでしか読んでいないのだと、わたしと妹は確信した。


これこそ「ざっくり」だ。
[PR]
# by harunam28 | 2011-03-24 23:43 | ■人びとたち

プレーン味のメール


今日から、メールを打つときに
極力絵文字を使わないようにしようと思う。

最近、自分の言葉の表現に、稚拙さがあるように感じる。

たとえば、写真を見たり、ごはんを食べたりしたときに、
自分の期待以上によかった場合、私の表現は
いいか悪いか、おいしいかそうでないかでしかない。

そのモノ自体はすごくいいのに、良さがどうも
人に伝えきれてない気がしている。

自分の思ってることを言葉で表現できるようにしたいと
思った。

小難しいことを言おうとする気はまったくないが、
絵文字をつかわないことで、絵文字なしで雰囲気も含めて
伝えたいことが伝えられる様に練習するつもりだ。

また、もしかしたらきちんとモノと会話しきれてないかもしれないため、
五感をフル活用して、モノを真正面から視ようとも思う。

それらをもって、人にただしく伝えられるようになりたい。

ちなみに、正直に暴露すると、私は今回
本に影響されている。

ただ言葉の表現力の乏さに、はがゆさを感じていたのは
事実なので、当面は絵文字なしで。
絵文字好きな私が突然メンズのようなプレーンなメールに
なるが、決して機嫌がわるいわけではないので
どうか誤解のないようにおねがいします。

いつまで続くかわかりませんが、しばらくおつきあいください。
[PR]
# by harunam28 | 2011-03-24 00:20 | ぼやき