「ほっ」と。キャンペーン

halphoto☆diary

こんな夜はどうでしょう。

同じ場所にじっとしていられなくて、映画やDVD見るのが苦手だったのに、
せき止めてた壁がポーンってはずれたように、むさぼるように見てる今日この頃。

自分の人生や、考え方や、生活の仕方が、
これでいいのかなって感じているときに、とくに見たくなる。

数ヵ月後には30歳になるのだけれど、
もう子供ではなく、年齢だけは大人になっていることについて
どうも客観的に、悲観的にならざるをえない。

両親の世代がよくいう
「心はね、二十歳のときで止まってるよ!わっはっは」

には、同感だ。

映画の登場人物と、今の自分とを比較すると
だれしもが思い感じることなんだなと思うと、
ほっとしたり、こういう考えもあるんだなと感心したり、こういう生き方っていいなーと思ったり。

わたしが22歳のころ、色々なことがくやしくて、悲しくて、顔をぐしゃぐしゃにして
10も年上のお姉さまに話を聞いてもらってたら、

「30越えるとね、角が取れて、自分のできることとできないことがわかってきて
 肩がもっと軽くなるよ」

と言われたことを今でも覚えている。

もうすぐ30になるけど、未だにできないことがあればくやしいと思し、
ネガティブなのは今も変わらない。

数年後には、変わるのかな。

敬愛なるLeccaの歌みたいに、いろんなことをキラキラにしたい。

って初の病みブログみたいになったけど、
正直な心境を吐露してみました。

いじょう!
[PR]
# by harunam28 | 2013-01-30 00:29 | ぼやき

雪が降る夜


e0119012_22215447.jpg

雪がっ!また!降ってきた!!

先日まちがえてDVDをレンタルしちゃったので、ダッシュで交換してきたら、
雪が入店時よりも降り積もっておりました。

あられのような雪だったのに、片栗粉のような羽のような大きなものがヒラヒラと。

とりあえずこのうきうきをiPhoneのカメラに収めて、ダッシュで帰宅。

SPEC 天 みます。
[PR]
# by harunam28 | 2013-01-27 22:22 | ■風景

鼻毛の森

エキサイトのニュースにでてたアンチリアルラブソングを歌う
鼻毛の森さん。

燃え上がるような恋愛と、失恋などといった
きれいごとばかりではない恋愛事情について、思わずうなずいてしまうリアルな詞がおもしろかった。

話は変わりまして、傘さす人を見てるのってすき。
持ってるだけでおもしろいと思う。
自分はめんどくさがりだから、よほど激しい雨でない限り、傘ささないけど。

そういえば、傘差すと、人との距離が、人ひとり分あくよね。相合傘してればその分くっつくけど。
ぶつかったり、人の傘でぬれちゃったりもするし、いろいろありますな。

今夜は雪がちらつくみたいだけど、ほんとかな。

通勤、通学、おでかけの方はご注意を。

e0119012_17512787.jpg

[PR]
# by harunam28 | 2013-01-17 17:52 | ぼやき